おまとめローンのメリット・デメリット(おまとめローン比較ナビ2017)

おまとめローンのメリット・デメリット(おまとめローン比較ナビ2017)

TOPページ おまとめローンの基礎知識 > おまとめローンのメリット・デメリット

 

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンのメリット・デメリットは何ですか?

という質問をいただくことがたびたびありましたので、ここではおまとめローンのメリット・デメリットについて解説していきます。


まずは、メリットから。
おまとめローンのメリットは代表的なもので3つあります。

①返済日が1回になり、精神的にも金銭管理的にもラク
・経験した方はわかると思うのですが、返済日はやはりあまり気持ちがよいものではありません。
この返済日が月に3回だった方が1回になるだけでも、精神的なストレスはかなり軽減されます。
・また、月に1度の返済日の方がお金の管理がしやすいというメリットもあります。

②利息が少なくなる
・これまで18%の金利で借りていたものを10~15%のローンにまとめることで、利息はぐっとすくなくなります。
例えば100万円を18%で借りていると18万の利息ですが、10%のローンにまとめることができれば利息は10万円になり8万円も利息は少なくなります。
おまとめローンに対応しているローンは金利が低いものが多いため、多くの場合利息は少なくなります。

③毎月の返済額を少なくできる可能性がある
・おまとめローンに対応しているローンの中には返済期間を変更することで、毎月の返済額を少なくすることができるものがあります。

以上が、おまとめローンのメリットになります。

続いておまとめローンのデメリットを解説します。

おまとめローンのデメリットは、おまとめ先のローンの金利が借りているローンより低い場合はたった1つしかありません。

それは、

複数のローンをまとめることができ、月々の返済金額が減ったことによって手持ちの金額が増えたことで、ついつい無駄遣いをしてしまい、結果、借金が増えてしまうケースがある。

というものです。

「おまとめローン」に成功し、返済額が減ったにも関わらず、無駄遣いが増えて結局、返済ができなくなり任意整理を行うことになったという方意外と少なくないといわれています。

おまとめローンの審査に通過した方、これからおまとめローンに申し込もうとお考えの方は、是非、このパターンに陥らないようにお気をつけください!

なお、このパターンを回避する方法としては、「おまとめ」ではなく「借り換え」を狙うというものがあります。

複数のローンを一つにまとめる「おまとめ」に対して、ローンを低金利な別のローンに替える「借り換え」であれば返済の回数は減りません。

返済総額は「借り換え」によって少なくなりますが月々の返済額は借り換え先によっては増えるところもあるため、「おまとめローンのデメリット」として説明した「余裕ができて無駄遣いをしてしまう」ということはまず起こりませんのでお薦めです!


ここからは銀行・銀行系信販会社・銀行系消費者金融が扱う、「おまとめ」「借り換え」が可能なローンの金利融資限度額を比較しています。

記事中段には「おまとめ」「借り換え」の審査を成功させるコツも紹介しています。
なお、「おまとめ」とは複数のローンを一本化することを指し、「借り換え」とは一つのローンを低金利のローンに乗り替えることを指しています。


当サイトで最もおすすめの「借り換え」先は三井住友カードゴールドローン

「おまとめ」先にはモビットをおすすめしています。

「借り換え」先として三井住友カードゴールドローンをお薦めする理由は金利の低さです。

三井住友カードゴールドローンは、年率3.5%~9.2%ともともと低金利に設定されているのですが、さらに返済実績によって毎年0.3%ずつ金利が下がり、最大1.2%まで金利が下がるというサービスを行っています。

そのため、最大で3.3%~8.0%まで金利が下がるという超低金利なローンですので、「借り換え」にぴったりなお勧めのローンです!!

現在、9.2%より高い利息のローンを借りている全ての方三井住友カードゴールドローン「借り換え」れば利息が少なくなりますので、是非、ご検討ください!

また、「おまとめ」はできなかったが、金利が高かった借り入れ先を三井住友カードゴールドローンに「借り換え」ることで返済がかなり楽になった!という口コミを多く寄せられていますので「おまとめ」を考えていた方にもオススメです!

>>三井住友カードゴールドローンの申し込みはコチラ

「おまとめ」先としてモビットをお薦めする理由は口コミのよさです。

『「おまとめ」と言えばモビットとまで言われており、積極的にモビットがおまとめローンをお考えの方にも融資しているといわれています。

当サイトから申し込んで審査が不安だったがモビットで「おまとめ」や「借り換え」ができた!という報告も大変多く、またモビットは、webからの申し込みで勤務先や自宅への電話連絡を回避できるweb完結申し込みにも対応しているため、人にバレるのが不安。。という方も大変オススメです!

>>モビットの申し込みはコチラ

ここからは「おまとめ」「借り換え」を成功させたい!
と、いう方に申し込みのコツを2つ伝授します。

「おまとめ」「借り換え」を成功させるコツとは

「申し込みを1社だけに絞らず申し込み先の形態(銀行・信販・消費者金融)をわけて、それぞれの形態で1つずつ申込む」

というものです。

例えば
銀行ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
信販三井住友カードゴールドローン
消費者金融モビットというように各カテゴリ別にそれぞれ1~2社ずつ申し込んでみることで成功率を上げることをおすすめします。

この方法、銀行ばかりに3社申込むよりもぐっと「おまとめ」「借り換え」の成功率は上がったと反響をもらっていますので、大変お薦めです!

そして、「おまとめ」「借り換え」を成功させるもうひとつのコツは

『「おまとめ」にこだわりすぎない。』

ということです。
これは、どういうことかというと、複数のローンを一本化する「おまとめローン」は、どうしても審査が厳しい傾向があります。

そのため、「おまとめローン」に挑戦してダメだった場合は、まずは金利が低いローンへの「借り換え」に挑戦する方がグッと成功率はあがります!

当サイトに掲載しているローンは「おまとめ」だけでなく「借り換え」にも対応していますので、「おまとめ」ができなかった場合は、まずは金利の高いローンの「借り替え」にチャレンジすることをオススメします!

それでは、ここからは「金利」、「限度額」を比較していきます。

融資利率で比較

まずは、「金利」から。
おまとめローン大口の融資になるため、下限金利が適用される可能性が高くなります。
そのため、各ジャンル毎に下限金利が低い順に並べています。

【銀行】
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング・・・実質年率2.5%~18%
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」・・・実質年率3.9%~14.9%

【信販会社】
三井住友カードゴールドローン・・・実質年率3.5%~9.8%

【消費者金融】
モビット・・・3.0%~18.0%
≪アコム≫・・・3.0%~18.0%

以上のように下限金利を比較するとジャパンネット銀行 ネットキャッシング

上限金利に注目すると三井住友カードゴールドローン9.8%と最も低い上限金利に設定されています。

融資限度額で比較

つづいて「融資限度額」の大きさを比較していきます。
各ローンをジャンル毎に「融資限度額」が大きい順に並べています。

【銀行】
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング・・1,000万円
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」・・・800万円

【信販会社】
三井住友カードゴールドローン・・・700万円

【消費者金融】
モビット・・・800万円
アコム・・・800万円

融資限度額で比較した場合、もっとも限度額が大きいのは融資限度額が1,000万円に設定されているジャパンネット銀行 ネットキャッシングになります。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシングは低金利かつ大口融資も可能なため、一度は挑戦してみてもよい高スペックな「おまとめ」「借り換え」先です!

>>ジャパンネット銀行 ネットキャッシングの申し込みはコチラ

Jnb_468x60px_20140804.gif

おまとめローン比較

wa-aka.png 三井住友カードゴールドローン・・・大手信販会社である三井住友カードの低金利フリーローン。実質年率3.5%~9.8%、利用枠最大700万円。発券後借入の有無にかかわらず1年ごとに金利が0.3%下がり、5年目の金利は-1.2%となります。返済期間も最長11年9か月141回までと長期の返済も可能なため「おまとめ」「借り換え」用のローンとしても人気を集めています!!

wa-aka.png モビット・・・金利3.0%~18.0%、限度額800万円。先日、下限金利が銀行並の3.0%まで下げられますます人気を集めています。定期的な収入があれば、契約社員、パート、アルバイト、学生であっても申込むことができる「おまとめ」「借り換え」先として人気を集めており、利用者からの口コミがよく「おまとめといえばモビット」といわれています!

wa-aka.png 横浜銀行カードローン・・・年利1.9%~14.6%最大限度額1,000万円横浜銀行カードローン神奈川県または東京都に居住・勤務の方がご利用可能なカードローンです。

wa-aka.png りそな銀行 プレミアムフリーローン・・・返済期間は最長10年!金利は、固定金利6.0%(※カードローンセット型は5.7%)、利用可能額は100万円から最大500万円までと「おまとめ」「借り換え」に適したフリーローンです。更にりそな銀行の住宅ローンとマイゲート利用者は-0.5%の金利優遇があります。優遇後の金利は、年5.5%、またはカードローンセット型では年5.2%で固定金利です。

wa-aka.png 静岡銀行カードローン・・・静岡銀行のローンです来店不要で手続きができます。利率年4.0%-14.5%、限度額は最大500万円。全国どこからでも申込み可能です。

wa-aka.png しずぎん「フリーローン」・・・静岡銀行のローンです来店不要で手続きができます。利率年4.5%~14.5%、限度額は最大500万円。静岡県を中心に東京都・愛知県・神奈川県在住の方向けになります。

wa-aka.png ジャパンネット銀行 ネットキャッシング・・・実質年率2.5%~18% 。1,000万円まで。初回借入日から何度でも30日間無利息!

Jnb_468x60px_20140804.gif

上記人気会社の他にも地域密着型の地方銀行(地銀)も選択肢に入れてもいいでしょう。横浜銀行(神奈川・東京)、しずぎん「フリーローン」(神奈川県・静岡県)などはお住まいの方にはなじみがあると思いますので相談しやすいでしょう。

また、フクホーなどがおまとめローンの取り扱いを行っていますが、やはり安心して申し込める大手から申し込むのが得策です。

おまとめローンを申し込む際に注目するべき場所は、「金利」、「融資限度額」、「返済期間の柔軟さ」そして「申し込み条件」だと言われています。これらの条件を考えて当サイトが考える、もっとも魅力的なおまとめローンは楽天銀行スーパーローンだと考えています。詳しい理由は、「おまとめローンのコツとオススメ」という記事にまとめていますので参考にしてください。

私のそれぞれのお勧めは、

【銀行】
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
りそな銀行 プレミアムフリーローン

【信販会社】
三井住友カードゴールドローン

【大手消費者金融】
モビット
アコム
銀行系ローンなど

【中小消費者金融】
フクホー
中央リテール
中小消費者金融一覧を参照

になります。

ページトップへ↑